東京で永代供養を探している方へ

地方では墓地を管理する人手が減り、墓じまいが増えていく一方、東京ではお墓がなかなか建てられないのが現状です。地方から上京し、文字通り東京で骨を埋めようとする人、子世代が墓の管理をしやすいからなどなど東京でお墓を建てることを希望する人が急増したからです。
今では都内の墓地の空きがあれば申し込みが殺到し、物凄い倍率です。
有名霊園となると、億単位で権利がやり取りされることも。

気軽にYOMIURI ONLINE情報を探しましょう。

しかしすべての方が膨大な資金を投じてまでお墓を建てたいと思ってはいません。



永代供養という方法も多くの人が生前から選択しています。
永代供養の場合は、一般的にイメージする代々伝わるお墓ではありませんが、お坊さんやお寺の職員がきちんと管理してくれます。
しかも管理料も一般的なお墓の3分の1程度で済むケースがほとんどです。

また納骨堂は東京の中でもアクセスしやすい場所にあることがほとんどで、残された家族も訪れやすく、後を引き継ぐのもそれほど苦ではありません。


永代供養は子供たちへの負担をかなり減らすことでもあるのです。

東京の真言宗に関してわかりやすく説明しております。

その選択は多くの遺産を残すよりも喜ばれる場合もあるでしょう。
終活を考えているなら、お墓のことも考えましょう。
先祖代々伝わる立派なお墓に納骨した時、残された家族がきちんと管理してくれるなら、もちろん地方のお墓に入る選択も悪くはありません。


しかしこれから墓地を探し、墓石を建てるとなるとその費用や管理なども考えなければなりません。

残された大切な人のための今後も考える。
それも終活の1つではないでしょうか。


知っておきたい情報

最後の住処と呼ばれるお墓ですが、核家族化が進んでいる現代ではお墓を持たないという方が非常に増えてきているのが現状です。子供はいないか、もしくは産んでも一人といった家庭も多いですし、仮に産んだとしても女の子の場合はやがて嫁いでしまうので自分の家の先祖を見てくれないという可能性もあります。...

more

これからの生活

真言宗は、マハー・ヴァイローチャナに始まる真言八祖の第七祖恵果より金剛頂経と大日経の両系統を統合した密教を受け継いだ弘法大師により開かれた曼荼羅宗や秘密宗とも呼ばれる日本仏教の1つの宗派です。真言宗は、2004年には、紀伊山地の霊場と参詣道としてユネスコの世界遺産に登録された高野山金剛峯寺を総本山として1200年以上の歴史を有し、高野派や醍醐派、智山派、御室派、大覚寺派、東寺派、泉涌寺派、豊山派、霊雲寺派などがあり、高野派だけでも東京に東京別院や高徳院、真成寺、天光寺など8つの寺院があります。...

more

意外な事実

高野山真言宗は、弘法大師空海が平安時代の弘仁7年に開山し、現在まで多くの人々の参拝者を集めています。弘法大師空海は教科書にのっており、有名な存在で、子どもから大人までが日常のことわざにでてくることで、親しまれてもいます。...

more

納得の真実

真言宗総本山金剛峯寺は、天皇で唯一散骨を希望したとされる淳和天皇の異母兄嵯峨天皇から高野山を下賜された空海が、高野山全体に曼荼羅世界を実現する為に根本大塔や金堂など密教伽藍の建設を夢見た場所です。又、壇上伽藍には空海が帰国前に修験道場の場所を決める為に、日本へ向けて投げたとされる法具三鈷杵が引っ掛かっていた伝説の三鈷の松があります。...

more