東京で永代供養してもらうには

最後の住処と呼ばれるお墓ですが、核家族化が進んでいる現代ではお墓を持たないという方が非常に増えてきているのが現状です。子供はいないか、もしくは産んでも一人といった家庭も多いですし、仮に産んだとしても女の子の場合はやがて嫁いでしまうので自分の家の先祖を見てくれないという可能性もあります。

毎日新聞がとても人気であることがわかります。

そんな方におすすめする先祖供養の選択肢として、永代供養と呼ばれるものがあります。永代供養はその名の通り、墓地や寺社にお願いして供養をお任せするというかたちになりますが、その期間は大体五十年前後になります。

システムは毎年の年会費を支払うと、後は墓地や寺社が管理や法要まで全て行ってくれます。
東京や大阪といった都心部ではこのような供養を選択する人が増えてきていますので、気になる方は一度菩提寺に尋ねてみると良いでしょう。都会ほどこのような傾向は進んでいきますので、特に東京などは各宗派の大本山がありますのでそこでも永代供養を引き受けてくれることもあります。決まった菩提寺がなくて自分の宗派も何か分からないといった場合は、葬儀担当者に尋ねるか、インターネットの検索サイトを活用するとよいでしょう。



東京都にも樹木葬のような永代供養を引き受けてくれる場所は非常にたくさんありますし、無料で資料請求できますので、まずは資料を請求して予算を組むと後が楽になります。

口コミ評判の高い新宿の納骨堂情報を集めました。

場所によっては宗派が限られてある場合もありますので、まずは自分の宗派を調べてからお見積りを取ると合理的です。