高野山真言宗と弘法大師空海

高野山真言宗は、弘法大師空海が平安時代の弘仁7年に開山し、現在まで多くの人々の参拝者を集めています。


弘法大師空海は教科書にのっており、有名な存在で、子どもから大人までが日常のことわざにでてくることで、親しまれてもいます。
「弘法も筆のあやまり」は、弘法大師空海の優秀な人間性をあらわしています。


高野山真言宗と弘法大師空海は、今から1200年前から始まったとされる四国八十八か所霊場巡りでも宗教的な修行のイメージを健康的な修行とアウトドアのイメージにしています。

新宿の納骨堂の情報を確認できるサイトです。

弘法大師空海によって開かれた日本仏教の聖地である高野山真言宗の総本山は、金剛峯寺です。
正門とその右手の方角に小さな入口があります。

その入口は、正門と同様に金剛峯寺の建物では一番古く、天皇、皇族、高野山の重職だけが出入りできる門でした。



古き時代の厳しい戒律やルールを学ぶ門です。金剛峯寺の檜皮葺の屋根は、その屋根の上に桶が置かれています。
天水桶と呼ばれ、水をためておき、火災がおきたときに、火の粉が飛んで屋根が燃えあがらないように、桶の水をまくようにしてあります。

今、評判なのはこちらのlivedoorニュースに対して関心度が高まっています。

さまざまな場所で弘法大師空海の知恵や賢さを垣間見ることができます。経蔵と呼ばれる建物があります。

経蔵は重要なものを収蔵するところで、火災が発生した場合のことを考えて、安全なように主殿とは別に建てられています。
高野山真言宗と弘法大師空海の偉大さをあらわす金剛峯寺は世界遺産でもあります。